診療案内

眼科

眼科について

眼科では伴侶動物の眼疾患全般の診断・治療を行っています。
犬猫の眼疾患は、内科疾患・外科疾患などさまざまな原因で発症します。
一般的な眼科検査(眼圧、涙液量、スリットランプ検査、眼底検査)を始め、CT検査など特殊検査も行っています。

主な診療内容

目が赤い 目の表面から目の奥(眼底)まで、必要な検査を行って原因を特定していきます。

当院の治療方針

当院では2022年11月より眼科専門医による眼科診療を開始しております。
言葉を話せない動物にとって『眼』は感情を表したり、アイコンタクトによる意思疎通をしたりと、とても重要な役割を担っています。
眼を守ることは、ワンちゃんネコちゃんと家族の皆さまとの素敵な関係を守ることにつながると信じ、的確な診断と最善の治療をご提案できるよう努めさせていただきます。
まずはどんな些細なことでも、遠慮せずに当院まで相談していただければと思います。
緊急の眼科症例にもなるべく対応いたしますので、まずはご連絡ください。

*WEBでのご予約は受け付けておりません。お電話にてご予約をお願いいたします。

当院の症例実績

  • 水晶体超音波乳化吸引術(白内障の治療として)
  • 瞬膜腺整復術(チェリーアイの治療として)
  • Hotz-Celsus法による眼瞼整復術(眼瞼内反症の治療として)
  • 眼瞼V字切開術(眼瞼腫瘤の治療として)
  • 角膜格子状切開術 / 角膜表層点状切開術(SCCEDsの治療として)
  • 角膜表層切除術(角膜黒色壊死症、SCCEDs、類皮腫、その他角膜疾患の治療として)
  • 結膜弁移植術(深層性角膜潰瘍の治療として)
  • 角膜縫合(角膜穿孔の治療として)
  • 強膜内シリコンボール挿入術(慢性緑内障、眼内腫瘍の治療として)
  • 眼球摘出(慢性緑内障、眼球腫瘍、機能喪失眼の治療として)

担当獣医師紹介

  • 松浦 尚哉 NAOYA MATSUURA

    • 眼科
    眼科専門医
    言葉を話せない動物にとって『眼』は感情を表したり、アイコンタクトによる意思疎通をしたりと、とても重要な役割を担っています。
    眼を守ることは、ワンちゃんネコちゃんと家族の皆さまとの素敵な関係を守ることにつながると信じ、的確な診断と最善の治療をしていきたいと思っています。

獣医師勤務表

眼科

左右にスライドしてご確認ください
3月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
3月
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
松浦
4月
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
4月
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

担当医師は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

診療時間

通常診療

診療受付時間
9:30〜12:00
13:00〜15:00
16:00〜21:00

13:00~15:00は完全予約制となりますので、WEBかお電話にてご連絡をお願いいたします。

午前と16:00~21:00の診療時間はご予約優先制となります。

病気の診察について、WEBでご予約が取れない場合は、お電話にてお問合せください。

一般診療はWEB、お電話、窓口でご予約可能です。眼科と腫瘍科は下記勤務表をご確認のうえ、お電話でのご予約をお願いします。

救急診療

診療受付時間

受診について

通常診察
052-509-5020