close

〒599-8231大阪府堺市中区学園町2-6

皮膚科 乾性脂漏症・アレルギー性皮膚炎・甲状腺機能低下症

  • 主訴

    全身の脱毛、搔痒、フケ。

  • 検査結果

    皮膚検査にて大量のマラセチアを検出。皮膚の状態から乾性脂漏症と診断。
    血液検査にてT4.FT4が低値を示したため甲状腺機能低下症と診断。

  • 治療

    甲状腺ホルモン剤、ステロイドの内服。薬浴によるシャンプー療法。

  • 転機

    内服療法と週1の薬浴療法(当院で)により症状緩和。現在も同治療を行っているが、自宅でのシャンプー療法も取り入れ、当院での薬浴療法は月1回にまで落ち着いている。