close

〒252-0344神奈川県相模原市南区古淵2-17-10

病院概要

相模原どうぶつ医療センター

相模原どうぶつ医療センターは、「動物と人間の幸せな共生社会の実現」を 目指す動物病院として相模原市南区に設立されました。
センターでは3つのコンセプトを掲げ地域に役立つセンター病院を目指してまいります。

  1. 担当医診療と夜間診療により動物たちと飼い主様に安心を提供します。
    正しい知識と豊富な経験を有する担当医診療では、整形外科、画像診断科、歯科、眼科、産科・生殖器科、リハビリテーション科、腫瘍科、皮膚科を運営しプラスアルファの診断・治療を目指します。また、メディカルグルーミング&ステイでは、獣医師・看護師・トリマーがチームとなり、その子に合わせた高品質なサービス提供いたします。夜間診療では、町田夜間動物病院と地域獣医師会と連携し、地域の無診療時間をなくすため救急医療をご提供いたします。
  2. 動物たちのケアを24時間体制で行います。
    入院動物の24時間体制での看護、高齢動物のデイケアや短期・長期ステイを獣医師と動物看護師が協力して健康面の管理をサポートいたします。
  3. ティーチングホスピタルとして情報発信に努めます。
    動物たちの命を守るため、飼い主様への情報提供や獣医師・動物看護師の育成に力を入れていきます。

センター長からのメッセージ

センター長 椿 直哉センター長 椿 直哉

私は2004年北里大学獣医学科を卒業した後、一般開業動物病院勤務医、日本動物高度医療センター総合診療科勤務医、東京農工大研修医等を経て、2010年より現所属病院にて院長を勤めております。当初は、スタッフ数8名でしたが、2016年8月現在、所属スタッフは40名となり、頼もしいスタッフたちに囲まれて日々診療を行っております。

昨今のペット環境は少子高齢化が進んでおり、犬猫の平均寿命が現在約15歳、そして犬の飼育頭数は2011年をピークに減少傾向となっています。私が目指す「動物と人間の幸せな共生社会の実現」において、動物たちと一緒に暮らさないことを選択される方々が増えている現状をとても寂しく思うのと同時に、様々な理由で小さな家族と一緒に暮らしたくても暮らせない方々に何かお手伝いができないかと考え、今までにない様々なサービスをご提供していく予定でおります。

安心して動物と一緒に暮らせる社会を作るためには、動物たちの健康を守ること、飼い主様の不安や不便をなくすことはもちろん、働くスタッフの満足度の向上、地域の獣医師会や各種団体、地方行政との連携など、「センター病院」がやるべき仕事は多岐にわたります。

私たち、相模原どうぶつ医療センタースタッフは、プロフェッショナルとしての自覚を持ち、動物たちのために全力を尽くします。しかし、動物たちの主治医は飼い主様です。是非動物たちの声を聞き、気持ちを理解していただき、普段と違うその声を私たちに教えてください。きっとお役に立てることがあります。

センター長からのメッセージを読む

施設概要

医療機関名
相模原どうぶつ医療センター
連絡先・所在地

通常診療・担当医診療をご希望の方は 042-757-2230

夜間救急は 042-757-3166

〒252-0344 神奈川県相模原市南区古淵2-17-10 <アクセスマップはこちら>

センター長

椿 直哉

職員数
40名(2016年12月時点)